スラウェシ島をステンレス生産拠点に、産業省

インドネシアの産業省は、スラウェシ島をステンレスの一大生産拠点とするべく、中スラウェシ州のモロワリ工業団地と、東南スラウェシ州コナウェ工業団地の開発を加速している。ジョコ・ウィドド政権が掲げるジャワ島外の経済開発を促し、14カ所の工業団地の開発を支援する政策の一環。

アイルランガ産業相は11日、モロワリ工業団地を視察。敷地面積2,000ヘクタールの同工業団地では、ニッケル製錬所やステンレス鋼の生産工場を中心に、総額78兆ルピア(約6,730億円)の投資が計画されている。直接雇用だけで2万人の雇用機会の創出が見込まれている。

事業の一例としては、地場企業と中国企業が合弁で設立したスラウェシ・マイニング・インベストメントが2015年1月にフェロニッケル製錬所(年産能力30万トン)を稼働。同社の同年のニッケル銑鉄の生産量は約22万トンだった。16年1月には中国大手ステンレスメーカーの青山鋼鉄集団傘下のインドネシア・グアンチン・ニッケル・アンド・ステンレス・スチールがフェロニッケル製錬所(年産能力60万トン)の稼働を開始したほか、関連会社のインドネシア・チンシャン・ステンレス・スチールも18年の稼働に向けてフェロニッケル製錬所とステンレススチールの生産工場を建設中だ。

12日付インベストール・デイリーは、アイルランガ産業相が3~4年後に、東南スラウェシ州と中スラウェシ州でそれぞれ200万トンのステンレス鋼を生産する目標を示したと伝えている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源金融・保険雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アヒル、ナマズ、ヤギ。…(03/27)

アヒル、ナマズ、ヤギ。子ども動物園の話ではない。最近注目しているローカルメニューだ。アヒルは、焼いた…

続きを読む

【書籍ランキング】3月9日~3月15日(03/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『小さな会社の儲かる整頓』小山昇(日経BP社) 2.『やり抜く力 人生…

続きを読む

【この人】羽田増便で新戦略展開 ANA、訪日旅行に幅広い選択肢(03/27)

全日本空輸(ANA)は、8月1日から東京の羽田空港とインドネシアの首都ジャカルタを結ぶ路線を増便する…

続きを読む

鉄道高速化、日本受注へ インドネシアで巻き返し 対中不信、大統領が決定(03/27)

【ジャカルタ共同】インドネシアのルフット調整相は24日の記者会見で、首都ジャカルタと東部の大都市スラバ…

続きを読む

日産現法、次期社長に三菱出身の小糸氏(03/27)

日産自動車は24日、インドネシア日産自動車(NMI)の次期社長に、小糸栄偉知(こいと・えいいち)氏を4…

続きを読む

伊ピアジオ、ベスパ新型2車種を投入(03/27)

イタリアの二輪車大手ピアジオの販売子会社ピアジオ・インドネシアは24日、新型プレミアムスクーター「ベス…

続きを読む

国内の自動車販売台数、ASEAN域内で首位(03/27)

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)によると、インドネシアの昨年の自動車販売台数はA…

続きを読む

住商参画のムアララボ地熱発電所着工(03/27)

住友商事は24日、インドネシア西スマトラ州のムアララボ地熱発電所の建設に同日着工したと発表した。発電容…

続きを読む

米機械大手、自動車用過給機の販売を計画(03/27)

機械世界大手の米ハネウェル・インターナショナルは、インドネシアで年内に自動車向けターボチャージャー(…

続きを読む

熱間圧延コイル価格、前年比2割上昇(03/27)

世界の鉄鋼価格の上昇に伴い、インドネシアの熱間圧延コイル(HRC)の価格が、今年第1四半期(1~3月…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン