シャープ、携帯式の超音波ウォッシャーを発表

シャープのインドネシア法人シャープ・エレクトロニクス・インドネシア(SEID)は29日、超音波を利用して部分洗いができる超音波ウォッシャーを10月から店頭販売すると発表した。

新製品「UW―A1」は、先端に取りつけられたホーンと呼ばれる金属部分が、毎秒約3万8,000回の超音波振動を発生させる。衣類の汚れた部分を水に浸し、そこにホーンを当てて振動させると、繊維の間に気泡が発生する。それがはじけると同時に汚れも落ちるという仕組みだ。布をたたいたりこすったりするよりも繊維を傷つけず、しかも手軽で早く汚れを落とせることを特徴としている。全長約17センチで重さが230グラムの軽量サイズと、小型で携帯性に優れていることから、衣類についた染みをその場で落とせるだけでなく、車の座席や人形のようなものでも利用できるという。電源は搭載している充電池による充電式だ。価格は114万9,000ルピア(約1万1,300円)。

SEIDのアニタ・ゼネラルマネジャーは「インドネシアの洗濯機市場は約300万台。このうちフロントローディング方式の洗濯機は5%を占めている。このフロントローディング方式の洗濯機市場の20%を超音波ウォッシャーで狙う」と話した。

ダルマ部長(製品計画部門)はターゲット層を「25~40代の、機械類に関心の高い世代」と定める。まずは結婚式場やブティックデザイナーに向けて販売を強化する。「衣類を丁重に扱うところへ売り込み、実力を試してもらう。突然の汚れでも対応できる利便性の高さを知ってほしい」と話した。すでに「bilbil.com(ビルビル・ドットコム)」など電子商取引(EC)5サイトで先行販売を開始している。

佐野温彦ゼネラルマネジャーは「衣類を大切にし、その品質を維持したいと考える女性に最適な商品」と話した。ファッション系のブロガーを通じた口コミや、ビデオ展示を行って宣伝活動を強化していくとの考えを示した。

Thumb 20160930 idr sharp w

シャープ・エレクトロニクス・インドネシアは超音波ウォッシャーを10月から店頭販売すると発表した=29日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電機製造一般商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

地域型小売店ミナン・マート、300店体制へ(15:28)

インドネシア西スマトラ州の州都パダンでミニマート「ミナン・マート」を運営するリテール・モデルン・ミナ…

続きを読む

地場不動産、販売伸び悩み 市況見通し前向きも活動は慎重(03/24)

インドネシアの不動産販売各社は、年初2カ月のアパートメントなど住宅販売実績が伸び悩んでいる。今年通年…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

ダイハツ、全国9地区で無料点検キャンペーン(03/24)

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は23日、ダイハツ工業創業110周…

続きを読む

住商機電貿易、地熱発電所を前倒しで完工(03/24)

住商機電貿易(SMT、東京都中央区)は、インドネシア・北スラウェシ州で建設中だったラヘンドン地熱発電…

続きを読む

電気料金、6月まで据え置き(03/24)

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、電気料金を向こう3カ月間据え置くと発表した。ジャカルタ・グロ…

続きを読む

首都の下水道整備費、16兆ルピアとの試算(03/24)

インドネシアの公共事業・国民住宅省は、首都ジャカルタの下水道整備事業に16兆8,000億ルピア(約1,400億円…

続きを読む

国営電力、ロンボク海底ケーブルを年内完工(03/24)

インドネシアの国営電力PLNは、西ヌサトゥンガラ州ロンボク島と同島西部の沖合にあるギリ・グデ島を結ぶ…

続きを読む

潤滑油の国内基準、来年にも義務化へ(03/24)

インドネシアの産業省は、国内で流通する潤滑油に国内基準(SNI)取得を義務付ける方針を明らかにした。…

続きを読む

鉄道車両INKA、19年までに3倍増収目標(03/24)

インドネシアの国営鉄道車両製造インダストリ・クレタ・アピ(INKA)は、2019年までに売上高を16年比2.…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン