携帯通信用2600MHz帯、8月にも割当入札

ミャンマー運輸・通信省は、移動体通信事業者向けの新たな周波数帯の割り当て入札を8月にも行う。地元紙ボイスが20日、省幹部の話を伝えた。

2600メガヘルツ(MHz)帯域の割り当て入札を8月に行う予定。幹部は「入札の準備を進めているところだ」と話した。追って割り当てを行うとされる1800MHz帯域の入札については言及していない。

ミャンマーでは現在、900MHzと2100MHzの帯域でそれぞれ主に第2世代(2G)、3Gのサービスが提供されている。一部で4Gサービスも始まっているが、3Gと同じ周波数帯を使うもので、各社は3G利用者への配慮もあって4Gを本格展開できていない。新たな周波数帯が割り当てられれば、国内の4Gサービスに弾みが付きそうだ。

ただテレノールによると、4G規格のLTE(ロング・ターム・エボリューション)対応端末のうち、2600MHz対応機種は6割程度にとどまる。1800MHzには全機種が対応するとして、テレノールは1800MHz帯域の早期割り当てを求めている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンで大規模停電、ガス田停止と当局(03/28)

ミャンマー最大都市ヤンゴンの広い範囲で26日夜から27日未明にかけて、大規模な停電があった。26日のイレブ…

続きを読む

三菱とアヤラ、ヤンゴンで水道試験事業完了(03/28)

三菱商事とフィリピンの財閥アヤラ傘下の水道事業会社マニラ・ウオーターは27日、ヤンゴン市内で行っていた…

続きを読む

【日本の税務】従業員持株制度の配当・奨励金(03/28)

第224回 又野さん:こんにちは、みらい先生。今日はみらい先生に教えて頂きたいことがあり、ご連絡を致しま…

続きを読む

ヤンゴン証取、4月から取引時間を延長(03/28)

ミャンマーのヤンゴン証券取引所(YSX)は、4月から取引時間を延長する方針だ。取引の活発化につなげる…

続きを読む

チャウピュー・雲南の油送管、稼働再び遅れ(03/28)

近く稼働が見込まれていたミャンマー西部ラカイン州チャウピューと中国南部の雲南省端麗を結ぶ原油輸送パイ…

続きを読む

レパダウン銅山で住民抗議、15人以上負傷(03/28)

ミャンマー北西部ザガイン管区にあるレパダウン銅山へ通じる道路で24日、警察と地元住民が衝突し、少なくと…

続きを読む

西部ラカイン州で橋完成、道路整備にも注力(03/28)

ミャンマー西部のラカイン州で25日、ブティダウン郡区とヤテダウン郡区を結ぶ橋が開通した。政府系英字紙グ…

続きを読む

ヤンゴン水上タクシー運航で契約、5月から(03/28)

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン運輸庁(YRTA)は25日、水上タクシーの運航を請け負う地場民間…

続きを読む

政権を暗に批判、軍総司令官(03/28)

【ヤンゴン共同】ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官は27日、首都ネピドーで行った国軍記念日…

続きを読む

ラカイン州北部へ2度目のメディアツアー(03/28)

ミャンマー情報省は今月28日~4月1日、昨年10月にイスラム教徒少数民族ロヒンギャとみられる武装勢力が警…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン