• 印刷する

7月で千軒突破、全国のホテル数

ミャンマーの宿泊施設数が、7月末で1,000軒を突破した。海外からの訪問者急増による宿泊需要の拡大を背景に、最大の都市ヤンゴンを中心にホテルへの投資が活発化している。外国人の来訪者はさらに増えると見込まれており、宿泊施設の数も一段と増えるとみられる。5日付の現地紙ミャンマー・イレブンが報じた。

ホテル・観光省によると、7月末時点での宿泊施設数は1,019軒で、3月末の960軒から約60軒増加した。主にヤンゴンと第2の都市マンダレーでホテルの開業が相次いだ。客室数は3万7,482から3万8,722に1,240増えた。等級別のホテル数は5つ星が6軒、4つ星が17軒、3つ星が83軒、2つ星が116軒などとなっている。

ホテルに対する投資額は、6月末時点で外国企業によるものが累計で18億5,000万米ドル(約1,882億円)、現地企業によるものが6,670億チャット(約700億円)になった。

宿泊施設に対する投資は引き続き旺盛で、不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によれば、客室数は向こう5年でさらに5割増える見通し。ヤンゴンを中心に国際資本の進出も続く。年内に仏系の「ノボテル」がオープン。17年には「パンパシフィック」と「シャングリラ」も開業する。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

5月衣料輸出、6割超の伸び 5カ月連続成長、外出需要回復で(08/11)

観光ビザの取得要件、外務省が発表(08/11)

為替両替レート幅、基準の上下0.3%に制限(08/11)

外貨規制緩和に長期的な効果なし=専門家(08/11)

燃油不足が深刻化、価格も高騰(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

日本から輸入の中古自転車、人気で価格急伸(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン