• 印刷する

ヤンゴンで10月に工場設備展示会、日本勢も

ミャンマー最大の都市ヤンゴンで10月、工場設備を紹介する展示会「マニュファクチャリング・ミャンマー2014」が開催される。主催するシンガポールのイベント会社シンガポール・エキシビジョン・サービシズの広報担当者によると、日本やドイツ、台湾などから約70社が出展し、約3,000人の来場者を見込む。

この展示会は10月2~4日、ヤンゴンのミャンマー・コンベンション・センター(MCC)で開催され、工場設備のほか金属加工向けの機械や金型が紹介される。主催者によれば、この種の展示会がミャンマーで開かれるのは初めて。

日本からはブラザー工業やオリンパス、切削工具のタンガロイがブースを設けて自社製品を展示する。主にミャンマーで工場を建設、増設する企業からの受注を狙うとみられる。

海外勢ではオーストリア、ドイツ、イタリア、シンガポール、台湾、タイ、英国の企業も工場設備を出展する。

主催するシンガポール・エキシビジョン・サービシズのウィリアム・リム氏は、「ミャンマーでは製造業の拡大に向けて海外からの投資呼び込みが活発になっている」とした上で、「製造業を支援する(設備や機械などを手掛ける)企業にとって大きなビジネスチャンスとなっている」と述べた。


関連国・地域: 台湾タイミャンマーシンガポール日本欧州
関連業種: その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(16:50)

食材高騰で屋台値上げ、低所得層に打撃(15:58)

コメ価格急騰、市民生活を直撃(18:30)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(15:56)

17日の感染者54人、新たに死者確認(17:51)

6月も好調維持、対日輸出 主要品目が軒並み好調(08/18)

燃油不足が産業界に影響深刻、操業停止にも(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン