NNA ASIA

8月インフレ率8.8%、季節要因で加速

中央統計局が2日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.79%上昇した。同月初旬のイスラム教の断食明け大祭(レバラン)の影響で、前月の8.61%から伸びが加速した。政府関係者やエコノミストからは、レバラン後にインフレ圧力が緩和すれば通年で9%以下にとどまる可能性もあるとの楽観的見解が出ている。