全土で完全封鎖、来月1~14日まで

マレーシアのムヒディン首相は28日、新型コロナウイルス感染症対策として来月1日から14日まで全土で経済や社会活動などを停止するロックダウン(都市封鎖)の第1段階を実施すると発表した。人流を抑制し、医療崩壊を防ぐ狙い。
封鎖措置中は、国家安全保障会議(NSC)が許可した必要不可欠な経済・サービス分野を除き、全ての経済・社会活動を禁止する。14日後に事態の改善が見られれば、第2段階として一部の経済活動を再開する。第2段階の期間は4週間を予定している。状況を見て、現在の厳格な活動制限(MCO3.0)に戻す。
マレーシアでは、今月中旬にあったイスラム教徒の祭典ハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)に起因する新規感染者が急増しており、28日には1日当たりで過去最高となる8,290人を記録していた。


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ロックダウン(都市封鎖…(06/22)

首都圏で一般成人向け接種開始 人口の8割、大幅に前倒し達成も(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

ワクチン接種登録率100%達成、首都で(06/22)

新規感染4611人、累計70万人に(06/22)

1~5月の鉄鋼輸出、EU向けが5倍(06/22)

RM1=26.5円、$1=RM4.15(21日)(06/22)

コロナ病床使用率、13~19日は平均68%(06/22)

職場への不満、世界最悪水準(06/22)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン