2020年の成長率は2.91%、プラス維持

ベトナム統計総局(GSO)が27日に発表した、2020年通年の国内総生産(GDP)成長率は、前年比で2.91%だった。通年の成長率としては11年以降で最低だったものの、各国がコロナ禍でマイナス成長に沈む中、プラス成長を維持した。
第4四半期(10~12月)のGDP成長率は前年同期比4.48%で、第3四半期の2.69%から加速した。GSOは「8月1日に欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA、EVFTA)が発効したことが、経済成長を押し上げる要因となった」と説明した。20年通年のモノの輸出は6.5%増の2,815億米ドル(約29兆2,000億円)、輸入は3.6%増の2,624億米ドルだった。


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

海外事業拡大先でベトナムは2位、ジェトロ(04/16)

バンブー航空、米国で3QにIPO計画(04/16)

タンカンハイフォン港、大型コンテナ入港可(04/16)

マツダの「CX―30」を投入、Thaco(04/16)

錦湖タイヤが越工場増強、北米向けでシフト(04/16)

ホアファット、1Qの粗鋼生産量が国内最大(04/16)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン