お知らせ

サービス
2019年4月17日

中国EV産業2019 ~主要・新興メーカーのCASE戦略
本格普及に向けた各社の市場戦略を分析

共同通信グループでアジアの経済・ビジネス情報を配信する株式会社NNA(本社:東京都港区、代表:岩瀬彰、以下:NNA)は、中国の自動車メーカー各社を調査し、2019年も2桁成長が予測される中国EV市場における各社の戦略を分析しました。

主なポイントは下記の通りです。

2018年のEV市場は大きく飛躍

2018年の完成車販売台数は前年比2.8%減少と28年ぶりに前年割れとなり、大きな話題となった。これとは対照的にEV販売台数は、2012年以来6年連続で対前年比増を達成し、2018年は同61.6%増と大幅に増加した。

2019年も伸び率では前年を下回るものの、同27.4%増と、依然として高水準が見込まれている。2019年のEV販売台数は160万台に達するとNNAは予測している。

推移グラフ

主要・新興メーカーのCASE戦略

今後の自動車産業の方向性を決めるとされる、主要・新興メーカーのCASE戦略 ~ C(コネクテッド)、A(自動運転)、S(シェアリング)、E(電動化)~ について、各メーカーの取り組みの最新状況を調査しました。

各社の計画によると、自動運転技術ではほとんどの企業が2030年までにレベル5(完全自動運転)を実現させるべく開発を進めています。

イメージ図

新興メーカーの量産車が次々とリリース

新興メーカーでは計画だけが独り歩きし、一部では「PPT(パワーポイント)造車」(PPT上で車の生産計画を高々と謳い投資を募るが、実際の製造はまったくしない企業)と揶揄されてきた新興メーカーも、2018年にはその多くが量産車をリリースしました。今回調査対象の新興メーカー11社のうち6社が既に販売を開始しています。

本レポートではCASE戦略はもとより、量産車の仕様、生産拠点、融資の状況、販売戦略、生産戦略などの事項についても言及し、各メーカーの実態を深く掘り下げています。

◇調査対象企業◇

 EV主要メーカー 14社

EV主要メーカー表

 EV新興メーカー 11社

EV新興メーカー表

資料編:EV主要部品メーカー 31社

◇調査期間◇

2018年4月 ~ 2019年1月

◇販売価格

日本国内での販売価格は10万円(税抜き)。NNAの有料サービスの契約企業であれば8万円(税抜き)でお求めいただけます。形式はA4判の書籍で、日本国内であれば送料は無料です。

詳細は下記をご覧ください。

  • 資料名: 中国EV産業2019 ~主要・新興メーカーのCASE戦略
  •      〇EV主要部品メーカー一覧付
  • 価格 : 一般価格 100,000円+税
  •      NNA有料サービスご契約企業様特別価格  80,000円+税
  • 体裁 : A4判 / 218ページ
  • 発行 : 株式会社 NNA
  • 企画・調査: グローバルリサーチグループ

レポート詳細


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社NNA
グローバルリサーチグループ 担当 金谷・山下
E-mail:research@nna.asia
電話 : 03-6218-4332

出版物

各種ログイン