住宅バブル崩壊リスク、シドニーは世界4位

金融UBSの「住宅バブル崩壊リスクが高い世界の主要都市指数」で、オーストラリアのシドニーが4位となったことが分かった。シドニーは2012年にはアジア・太平洋地域の都市の中で最下位だったものの、住宅価格が同年半ば以来45%上昇し、最上位となった。ただ、今年になって住宅価格上昇率は減速している。28日付地元各紙が伝えた。

UBSが世界18都市の住宅価格を分析したリポートによると、不動産が過大評価されている傾向が多くの都市で11年以来顕著になっているという。同リポートでは、住宅価格が11年以来平均50%上昇した場合をバブルリスク圏内としている。

UBSは、過去3年間におけるシドニーの住宅価格上昇の背景には、中国を中心とした海外からの需要の増加があると指摘。ただ、今後は住宅開発の増加や海外バイヤーへの課税によって沈静化する可能性があると見ている。豪政府統計局(ABS)によると、第2四半期(4~6月)の全国の住宅価格上昇率は約3年間で最低水準の伸びとなり、シドニーは6月までの1年間で3.6%と、前期の9.7%から大幅に鈍化した。一方、シドニーやメルボルンの住宅競売成約率は約80%と堅調を維持している。

UBSは「各国の国債のうち3分の1以上がマイナス利回りとなっており、不動産が有形資産として再評価された。バブル崩壊リスクが高い都市はすべて、堅調な実体経済を反映していない過剰に低い金利が設定されている」と述べた。国内のエコノミストの間では、オーストラリア連邦準備銀(RBA)が政策金利を史上最低の1.5%に据え置くとの予想が多く、一部はさらに引き下げると見ている。

同指数の首位は、住宅価格が14年末以来25%以上上昇したカナダのバンクーバーで、英ロンドンとスウェーデンのストックホルムが続いた。東京は12位だった。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本カナダ欧州
関連業種: 経済一般・統計金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

豪賃金上昇率、8年来低水準 企業利益は増加(16:22)

オーストラリアの企業利益が大きく伸びている一方で、賃金上昇率は8年来の低水準となっていることが、豪政…

続きを読む

〔政治スポットライト〕与党内紛、「首相交代より選挙敗退まし」(16:22)

オーストラリアの与党保守連合(自由党・国民党)の内部では、アボット前首相による現政権の批判に対する…

続きを読む

建設労組、休日手当に異論で大規模抗議へ(16:22)

オーストラリアの建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)が、労使裁定機関フェアワーク委員会(F…

続きを読む

【日本の税務】会社役員の海外勤務(02/28)

第223回 金井さん:みらい先生、ご相談があります。弊社では、2018年に平昌で開催される冬季オリンピックの…

続きを読む

テイクオフ:趣味仲間の友人のジェイ…(02/28)

趣味仲間の友人のジェイは、独身だが誰もが知る大手企業に勤めているインテリだ。性格が柔和で、さらに金髪…

続きを読む

豪与党の二党間支持率45% 労働党と最大の開き(02/28)

調査会社ニュースポールが実施した最新の世論調査で、与党保守連合(自由党・国民党)の二党間支持率が45%…

続きを読む

豪資源投資は26%減、冷え込み続く=分析(02/28)

オーストラリアの資源投資は今年、昨年比で26%減少し、向こう2年間はさらに冷え込むとの見方を、コンサル…

続きを読む

1日発表の豪州成長率、プラスに回復見通し(02/28)

あす3月1日に発表されるオーストラリアの2016年第4四半期(10~12月)の成長率が、前期の0.5%下落から転…

続きを読む

〔政治スポットライト〕アボット前首相の主張、保守派の閣僚が共感(02/28)

オーストラリア連邦政府の保守派の閣僚らは、アボット前首相が主張する新たな政策宣言がターンブル政権の…

続きを読む

クリーン石炭発電所計画、金融当局が懸念(02/28)

オーストラリア連邦政府が、政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)の資金をクリーン石炭技術を駆使…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン