東芝水電製の揚水発電設備、広東で営業運転

東芝は13日までに、同社のグループ会社で、水力発電設備を手掛ける東芝水電設備(杭州)(浙江省杭州市、東芝水電)が製造した揚水発電設備4基が広東省清遠市で営業運転を開始したと発表した。

納入先は送電大手の中国南方電網(広州市)傘下企業である調峰調頻発電(同)の清遠揚水発電所。32万キロワット(kW)級の揚水発電設備(ポンプ水車、発電電動機、各種付帯設備)4基を納入した。揚程は最高で509メートル。

今回納入したポンプ水車には、東芝が揚水発電向けに開発してきたスプリッタランナを採用。スプリッタランナは長翼と短翼を交互に配置し、翼の枚数を増やすことで、水流の乱れを抑制できる構造となっている。この構造によって、水車内の水の流れを整え、機器振動の要因である水圧脈動(水車内の水圧が変動する現象)を低減することができる。

東芝によると、中国ではベース電源として利用される原子力発電所の新設が数多く計画される一方で、ピーク時対応などに効率良く発電できる揚水発電所へのニーズも高まっており、2016~20年までの5年間に中国全土で合わせて6,000万kW規模の揚水発電所が新たに着工される計画という。東芝水電ではこうした需要の取り込みを図るため、投資を拡大していく方針だ。

東芝水電は05年1月の設立で、水力発電設備の製造や販売、保守サービスを手掛ける。資本金は2,500万米ドル(約25億4,700万円)で、出資比率は東芝が70%、東芝(中国)が10%、中国水利水電建設集団が20%。従業員数は16年3月時点で約900人。東芝水電はこれまでに、中国市場を中心として水車・ポンプ水車87台、発電機・発電電動機101台の納入実績を持つ。

Thumb 20160914 cny 001 toshiba  w

広東省清遠市の発電所に納入された東芝水電製の揚水発電設備(東芝提供)


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: 製造一般電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

国防省とロッテ、THAAD配備で正式契約(15:16)

韓国国防省は28日、米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備用地の提供でロッテグループと契約を結んだ…

続きを読む

外資の投資環境、改善に注力=商務相(15:34)

中国商務省は2月27日、2017年の外資政策を話し合う「全国外資工作会議」を北京で開き、鍾山商務相は、今年…

続きを読む

深センでH7N9感染、今年3人目(15:01)

深セン市衛生・計画生育委員会は2月27日、同市に住む81歳の男性が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)…

続きを読む

中科曙光と台湾・喬鼎の合弁、天津で設立(13:11)

天津市を本拠とする中国科学院系のスーパーコンピューター開発・生産大手、曙光信息産業(中科曙光)と台湾…

続きを読む

【日本の税務】会社役員の海外勤務(02/28)

第223回 金井さん:みらい先生、ご相談があります。弊社では、2018年に平昌で開催される冬季オリンピックの…

続きを読む

空港の交通ハブ化を推進 深センと広州、鉄道乗り入れへ(02/28)

深セン市と広州市が空港の交通ハブ化を目指している。両市は空港に高速鉄道駅を併設し、航空と陸上交通が一…

続きを読む

テイクオフ:中国で街中を歩いている…(02/28)

中国で街中を歩いていると、宅配便の配達員が荷物をポイポイと地面に放り投げる場面に出くわすことがよくあ…

続きを読む

珠江デルタで搭乗手続きも、AAHKトップ(02/28)

香港国際空港(チェクラプコク空港)を管理する香港空港管理局(AAHK)の林天福(フレッド・ラム)最高…

続きを読む

食と薬の安全対策を強化 基準整備、検査も拡大(02/28)

中国国務院(中央政府)はこのほど、食品と医薬品の安全に関する第13次5カ年計画(2016~20年)をそれぞれ…

続きを読む

中国向け工業団地、サンミゲルが政府に打診(02/28)

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)のラモン・アン社長が、中国政府に同国企業向けの…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン