資源リオ、ダイヤ鉱山開発事業を中止

英豪系の資源大手リオ・ティントは22日、インド中部マディヤプラデシュ州で進めていたダイヤモンド鉱山の開発事業から撤退すると発表した。PTI通信が伝えた。

リオが開発を手掛けていたのは、同州のブンダー鉱山。同社は2010年に州政府と開発について合意し、220億ルピー(約328億7,000万円)以上を投資する予定だった。

リオは撤退の理由について、「キャッシュフローの改善とコスト削減を通じて株主価値を高める取り組みの一環」と説明。鉱山の開発事業を第三者に引き継ぐ方向で中央政府や州政府と協議していると明らかにした。

ブンダー鉱山の推定埋蔵量は2,740万カラット。同鉱山の操業が開始されれば、マディヤプラデシュ州は世界で上位10カ所に入るダイヤモンド産地になるとみられている。


関連国・地域: オーストラリアインド欧州
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

リライアンス、時価総額が4兆ルピーに(14:25)

インドの複合企業(コングロマリット)リライアンス・インダストリーズ(RIL)の時価総額が27日、4兆ル…

続きを読む

マヒンドラ傘下、香港企業と電動車両で提携(13:08)

インドのコングロマリット(複合企業)マヒンドラ・グループ傘下のイタリアの自動車設計会社ピニンファリー…

続きを読む

【日本の税務】会社役員の海外勤務(02/28)

第223回 金井さん:みらい先生、ご相談があります。弊社では、2018年に平昌で開催される冬季オリンピックの…

続きを読む

テイクオフ:チベット仏教は、北部ヒ…(02/28)

チベット仏教は、北部ヒマチャルプラデシュ州の山あいの町ダラムサラで信仰が盛んだ。1959年に中国から亡命…

続きを読む

技術者の新卒採用で存在感 人材供給地プネの実力(上)(02/28)

インドの西部マハラシュトラ州プネが、エンジニアの人材供給で存在感を高めている。市内には高等教育機関が…

続きを読む

自動車産業、原料高と排ガス規制が収益圧迫(02/28)

インドの自動車業界にとって、向こう数四半期は原材料コストの上昇と2017年4月導入の排ガス規制が収益の下…

続きを読む

仏ルノーのクウィッド、販売ペース鈍化(02/28)

仏ルノーがインドで展開している小型クロスオーバー車「クウィッド(Kwid)」の販売ペースが落ち込んで…

続きを読む

TVS、スクーターでヒーロー抜きシェア2位(02/28)

インドの二輪車大手TVSモーターは、2016年11月~17年1月のスクーターの販売台数(卸売りベース)が1…

続きを読む

クボタ、工場と研究・開発拠点の設置検討(02/28)

クボタは、インドでのトラクターの生産拠点の設置を検討している。海外での研究・開発(R&D)機能の強化…

続きを読む

ゴドレジ、防衛分野受注へ専用設備導入(02/28)

複合企業(コングロマリット)ゴドレジ・グループ傘下のゴドレジ・エアロスペース(GA)は、航空・防衛分…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン