カラダに聞く、ココロに効く、南方の漢方

No image icon
シンガポールで働いている日本人ビジネスパーソンが東南アジアで生活している中でかかることの多い、原因が明確でない症状・症例について、中医学(漢方・鍼灸などの中華医療法)の観点から専門医がアドバイスしていく。

筆者紹介

ラッフルズチャイニーズメディスン中医師 渡邊 勇
1970年神奈川生まれ。放射線技師学校卒業後、相模原中央病院勤務。98年来星、中医学校の新加坡中華学院卒業後、寳方内科鍼灸薬房勤務。2010年からRAFFLESCHINESE MEDECINEに勤務。西医・中医両方面から診断・治療している。

すべての文頭を開く

【南方の漢方】第14回 不妊症(2012/07/23)

不妊症はシンガポールだけでなく、世界中で先進国の重要な問題の1つとなっている。晩婚化が進み、体外受精…

続きを読む

【南方の漢方】第13回 ぎっくり腰(2012/06/18)

腰に痛みを抱えている人は非常に多く、特にシンガポールは冷房も良く効いていることから、さらに悪化させて…

続きを読む

【南方の漢方】第12回 むくみ(水腫)(2012/05/21)

オフィスでのデスクワークが多い日本人女性の間から足の冷えを訴える声が多く聞かれる。それに伴い足のむく…

続きを読む

【南方の漢方】第11回 便秘(2012/04/16)

便秘は女性を中心に多い症状であり、改善できれば気分的にも楽であるばかりか、肌の状況も改善していく。た…

続きを読む

【南方の漢方】第10回 <番外編>中国医学の健康観(2012/03/19)

日本人にとって中医師という名前はちょっと聞きなれないと思うが、海外、特に中華系移民の多いシンガポール…

続きを読む

【南方の漢方】第9回 PMS(月経前症候群)(2012/02/20)

以前からではあるが、最近特に生理前になるとめまい、頭痛、吐き気がひどく時には腹痛もひどい時があるが生…

続きを読む

【南方の漢方】第8回 咽頭異物感(2012/01/16)

「数年前からどうも喉に違和感を覚える」「飲んだり食べたりしてないのになぜか喉が詰まった感じを覚える。…

続きを読む

【南方の漢方】第7回 脱毛症(2011/12/19)

脱毛症(はげ)については、はっきりした原因は分かっていない。早い人は20代から始まり、40代くらいまでに…

続きを読む

【南方の漢方】第6回 むずむず脚症候群(2011/11/21)

なんだか最近、両足がだるく、イライラする。オフィスでも夕方から夜にかけて症状が悪化する。じっとしてい…

続きを読む

【南方の漢方】第5回 冷え性(2011/10/24)

今までこれといった大病もせずに来たが、昔から手足がやたらと冷え、常夏のシンガポールにいるのにもかかわ…

続きを読む

【南方の漢方】第4回 男性不妊症(2011/09/19)

若い頃はスポーツをよくやり、現在でも体力には自信があるし、同年代と比べても体型も維持できているのに、…

続きを読む

【南方の漢方】第3回 干咳(乾いた咳が続く)(2011/08/22)

シンガポールで比較的長く働いている中年高年ビジネスマンに意外に多いのが、このケースである。心当たりが…

続きを読む

【南方の漢方】第2回 腰椎症(2011/07/18)

腰の痛みに関してはさまざまな原因があり、非常に深刻な症例もあるため単純に判断するのは難しい。今回は当…

続きを読む

【南方の漢方】第1回 不眠症(失眠)(2011/06/20)

シンガポールで働くビジネスパーソンに多い、原因が明確でない症状について、中医学の観点からアドバイスし…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン