台湾法律講座

No image icon
人事、労務面で問題を中心に、台湾の法律を弁護士の視点から紹介します。

筆者紹介

フォルモサン・ブラザーズ(寰瀛法律事務所)
1997年に創設され、現在約30人の弁護士を擁しています。日系企業向けのサービスを行うグループを設け、葉大殷、劉志鵬、黄馨慧、陳秋華の4人の弁護士が業務を担当しています。4人とも日本への留学経験があり、日本語による法律上のサポートを行っています。

すべての文頭を開く

【台湾法律講座】代理・取次販売と公正取引法(2014/07/23)

日本企業が台湾で商品の販売などを行う場合、現地に子会社や支店を設けて自ら販売する他、現地の販売業者と…

続きを読む

【台湾法律講座】賃貸物件の火災と会社の責任(2014/07/09)

日本企業が台湾でビジネスを展開する際には、オフィスや店舗、倉庫等を賃貸するのが一般的です。また、日本…

続きを読む

【台湾法律講座】中・港・澳の仲裁判断の承認と強制執行(2014/06/25)

仲裁判断とは、仲裁契約(当事者間の仲裁合意)に基づき、当事者双方が選定した仲裁人が、民事上の紛争を解…

続きを読む

【台湾法律講座】中・港・澳の判決、決定の承認と強制執行(2014/06/11)

■一、前提問題(外国) 近年、国際取引の増加により、国境を超えた紛争解決の必要性が高まっています。例え…

続きを読む

【台湾法律講座】罰金刑と「易科罰金」について(2014/05/28)

■一、罰金刑について (一)罰金とは、受刑者に一定の金銭を強制的に納付させる財産刑です。罰金の金額は台…

続きを読む

【台湾法律講座】違約金について(2014/05/14)

■一、意義 違約金とは、債務者の債務不履行時に支払われるべき金銭その他の給付を言います。違約金を約定す…

続きを読む

【台湾法律講座】メディアによる名誉棄損について(2014/04/30)

マスメディアは立法、行政、司法に続く「第四の権力」とも呼ばれ、公権力を行使する国家機関を監督し、その…

続きを読む

【台湾法律講座】司法院の位置付けと大法官の解釈の効力(2014/04/16)

台湾と日本の司法制度を比較した場合、主な違いとしては、(1)法院(いわゆる裁判所)の他に司法院が存在…

続きを読む

【台湾法律講座】中国大陸人民の台湾における就労とその要件(2014/04/02)

■1.就労状況とその法的根拠 内政部出入国移民署出入国事務チームの発表によれば、現在、中国大陸から台湾…

続きを読む

【台湾法律講座】株主総会の決議方法と定款による決議要件変更の可否(2014/03/19)

1.台湾の公司法は、株主総会の決議方法として、普通決議(174条)、仮決議(175条)、特別決議(185条)お…

続きを読む

【台湾法律講座】商標法における混同・誤認するおそれの判断基準(2014/03/05)

第296回 商標の最も主な機能は、自己の商品または役務を、他人の商品または役務と区別することです。消費者…

続きを読む

【台湾法律講座】合理的保護措置と営業秘密(2014/02/19)

第295回 営業秘密法の2013年1月の改修により、他人の営業秘密の窃取または漏えいなどの行為について、かな…

続きを読む

【台湾法律講座】区分所有の処分関係(2014/02/05)

第294回 都市の発展に伴って、多くの人口が都市に集中するようになり、アパート・マンションの「区分所有」…

続きを読む

【台湾法律講座】個人情報ファイルの安全維持計画の策定:連鎖販売取引業を例として(下)(2014/01/22)

(一)他人に前号の行為の執行を委託するときは、受託者に対し、「個資法法施行細則」第8条の規定により適…

続きを読む

【台湾法律講座】個人情報ファイルの安全維持計画の策定:連鎖販売取引業を例として(上)(2014/01/08)

「連鎖販売取引(マルチ商法)業界」の中央目的事業主務機関である公平交易委員会(以下「公平会」という)…

続きを読む

【台湾法律講座】消費争議(2013/12/18)

最近台湾では、食品の安全問題を理由に、次々と消費争議が起こっています。消費争議とは、商品またはサービ…

続きを読む

【台湾法律講座】株主の有限責任(2013/12/04)

第290回 株主の有限責任につき、台湾公司法第139条は次のように規定しています。「認股人(株式購入者)には、…

続きを読む

【台湾法律講座】商標登録における権利不要求制度(2013/11/20)

第289回 権利不要求(ディスクレーム)では、登録を出願する商標に、識別力を備える部分と識別力を備えない…

続きを読む

【台湾法律講座】従業員特別配当の資本金組み入れ(2013/11/06)

第288回 会社は営利目的の組織ですが、社会において一定の責任があります。台湾会社法では、1966年以降、従…

続きを読む

【台湾法律講座】 著作人格権と著作財産権(2013/10/23)

第287回 著作権は「著作人格権」と「著作財産権」に分けることができます。前者は、著作者の名誉などの人格…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン