コラム:テイクオフ


結婚年齢が若い当地の人たちは、どうやって相手を見つけているのか。気になって現地の知人に聞いてみると、パートナーとの「出会い」の3大きっかけは同級生、友達の友達、同僚らしい。交流サイト(SNS)を使う人はまだ少ないという。

敬虔(けいけん)なカトリックという宗教上の理由もあってか、出会い系アプリやSNSを使った「遊び相手」探しも、一部に限られているようだ。恋人や結婚相手は所属するコミュニティーで認められることが望ましいようで、それが抑止力になっているという。

日本ではここ数年で、健全・不健全含めマッチングアプリが急増した印象がある。形態は異なるが、「学生限定」を売りにしたSNS「ひま部」も人気だった。だが、そのひま部は若年層の性犯罪が増えたことから、年内でサービスを終了することになった。「SNS活動」が少ない当地でも、安易な「出会い」にはご用心。(内)


コラム:テイクオフ一覧

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン