コラム:テイクオフ


マニラにあるチャイナタウンは、ビノンド地区と呼ばれるパシッグ川の北岸に位置する。ジプニー(乗り合いタクシー)を降りるとそこは異国の地だった。

親善門のすぐそばに、重厚な装いのビノンド教会が構える。1569年、改宗した中国人のために建築されたそうだ。華人が手を合わせ、静かに祈りをささげていた。

マニラの中華街は世界で最も古いらしい。他の国と比べ、どこかわびしげな印象を受けた。赤や金のネオンに囲まれた漢字、宝飾店、漢方薬店――。異臭漂うどす黒い川の横に、露店が並んでいた。引き締まった肉のカエルを頼んでみる。ピリッと辛い豆板醤が、淡泊な肉に合った。裏路地に入ると、干しっぱなしの洗濯物や、香ばしい醤油の匂いが漂う。ふと、店で麺をこねる男性がこちらに気付き、笑顔を向けた。手を振りながら、どこか懐かしい気持ちになった。(堀)


コラム:テイクオフ一覧

出版物

各種ログイン