コラム:テイクオフ


インドネシアにいま、700万円以上で売買されているドメイン名がある。 <https://www.prabowosandi.id/>。来年4月の大統領選に立候補したプラボウォ氏と、副大統領候補サンディアガ氏の愛称「サンディ」を併記して作成したドメインだ。

このURLにアクセスすると、「10億ルピア(約770万円)で売ります。交渉可能」と表示される。販売事業者の連絡先だろうか、携帯番号も書いてある。インドネシアのドメイン管理機関によると、このドメインが登録されたのは9日。プラボウォ氏が選挙戦をともに戦う相棒を指名した日だ。

大方の下馬評とは異なり、降ってわいたように副大統領候補となったサンディ氏の名前を使ったドメインをすぐさま登録するとは、商魂たくましい。ジョコ大統領のドメインが売りに出されていないのは、プラボウォ、サンディ両氏の「財力」に期待したからなのか?(麻)


コラム:テイクオフ一覧

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン