• 印刷する

極楽湯が上海に2号店、15年春開業へ

スーパー銭湯の極楽湯(東京都千代田区)は15日、上海市普陀区に中国2号店を出店すると発表した。2015年春の開業を見込む。

普陀区に全額出資子会社を設立して、2号店を管理・運営する。新会社の名称は極楽湯(上海)沐浴管理。資本金は6億円で、今年7月に設立する予定。設備投資額は14億~15億円となる見通し。店舗面積は約1万平方メートルで、1号店と同様に入浴施設のほか、飲食店や高級スパなどを設ける計画。

1号店は昨年2月、上海市東部の浦東新区金橋地区で開業。1号店の開業当初から市西部への出店を希望する声が数多くあり、普陀区に2号店を設けることで、一層の売り上げ拡大を目指す。

極楽湯はまた、香港に中国事業の統括子会社、極楽湯中国控股を設立したことも明らかにした。<上海>


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(17:04)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(18:40)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

テイクオフ:日本から河津桜の便りが…(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

社会福祉サービスを底上げ 中央18省庁が計画、消費にも期待(02/21)

ホンダ英工場21年生産終了、欧州不振で米中注力(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

永久債との手形交換、人民銀が初実施(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン