• 印刷する

極楽湯が上海に2号店、15年春開業へ

スーパー銭湯の極楽湯(東京都千代田区)は15日、上海市普陀区に中国2号店を出店すると発表した。2015年春の開業を見込む。

普陀区に全額出資子会社を設立して、2号店を管理・運営する。新会社の名称は極楽湯(上海)沐浴管理。資本金は6億円で、今年7月に設立する予定。設備投資額は14億~15億円となる見通し。店舗面積は約1万平方メートルで、1号店と同様に入浴施設のほか、飲食店や高級スパなどを設ける計画。

1号店は昨年2月、上海市東部の浦東新区金橋地区で開業。1号店の開業当初から市西部への出店を希望する声が数多くあり、普陀区に2号店を設けることで、一層の売り上げ拡大を目指す。

極楽湯はまた、香港に中国事業の統括子会社、極楽湯中国控股を設立したことも明らかにした。<上海>


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

人民銀が5千億元オペ、TMLFとMLF(17:45)

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:上海で夜の散歩中、どこ…(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

シアヌークビル―中国直行便、開設相次ぐ(07/23)

科創板、初日は全銘柄が急騰 最高は安集科技の5倍高(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

チャウピュー港の環境評価、法的不備の指摘(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン