【マレーシア歴史紀行】第4回:KL~イポー(2)

東條哲郎(とうじょうてつお) 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程で東南アジア史を専攻。専門は19世紀マレーシアにおけるスズ鉱山の歴史。マレー語と中国語の読解力を生かし、失われつつある歴史を解き明かしている ◆スズ交易 クアラルンプール(KL)を離れて約2…

関連国・地域: 中国マレーシアシンガポールインドネシアインド
関連業種: 鉄鋼・金属農林・水産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:うちの義母の投資家精神…(07/17)

GST還付金の行方に新事実 財務省が弁明も、原資不足変わらず(07/17)

第3の国民車、メーカーと政府間で優遇に溝(07/17)

RM=26.2円、$=4.11RM(16日)(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

イオンクレ、追徴税で高裁から召喚状(07/17)

外国人労働者の不当認可、人頭税の損失に(07/17)

政府が多くのインフラ事業を準備、与党議員(07/17)

サバ州のラブアン連絡橋構想が前進か(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン