ラオス3都市で経済特区開発:タイ+1の水平分業が続々

日本の製造業が集積するタイでの人件費高騰や人材需給の逼迫(ひっぱく)を受け、隣国ラオスの注目が高まっている。ラオスは人口650万人の小さな内陸国ながら、東西経済回廊など物流網が整備され、低賃金を生かした労働集約型の工程を移す水平分業がしやすくなってきた。タイとは言…

関連国・地域: ミャンマーラオス日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コメの生産量目標、350万トンに引き下げ(11/15)

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン