ラオス3都市で経済特区開発:タイ+1の水平分業が続々

日本の製造業が集積するタイでの人件費高騰や人材需給の逼迫(ひっぱく)を受け、隣国ラオスの注目が高まっている。ラオスは人口650万人の小さな内陸国ながら、東西経済回廊など物流網が整備され、低賃金を生かした労働集約型の工程を移す水平分業がしやすくなってきた。タイとは言…

関連国・地域: ミャンマーラオス日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

【新ラオス法】第3回・看板及び公印に関する法令の改正(04/24)

SEMエージェンシー、ビエンチャンに現法(04/23)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

タイ・ラオス第5友好橋、来年に着工へ(04/22)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

首相が北部を視察、民間投資の精査を指示(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン