【港越共同企画第1回】華南か、ベトナムか、新たな投資先を探れ

ベトナムに日系企業の視線が集まっている。中国での反日運動を契機とした、対中投資の一極集中リスク見直しの本格化を反映した現象といえそうだ。安価な労働力を利用した労働集約型産業の投資先として、ベトナムは華南に追い付くのか。日系企業にとって、将来有利な投資先になるの…

関連国・地域: 中国香港ベトナム
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

林鄭行政長官、条例改正巡る混乱を謝罪(06/19)

5月のコンテナ取扱量、16カ月連続マイナス(06/19)

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

条例改正案、廃案の公算=政府の撤回焦点に(06/18)

「中国が林鄭行政長官に疑義」、海外報道(06/18)

香港「雨傘」主導者が出所、刑期満了で(06/18)

5月の空港統計、貨物が2カ月連続マイナス(06/18)

広州―香港間高速リニア、建設の調査開始(06/18)

19年のIPO調達額、予想上回る可能性も(06/18)

香港銀行「純利ざやに縮小圧力」=KPMG(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン