【人財羅針盤】第235回 2014年の労働市場観:WPについて その3 マレーシア国籍

先号では、ワーク・パーミット(WP)が取得できる国・地域について、最初の分類に北アジア諸国(NAS=North Asian Sources)があり、「香港、マカオ、韓国、台湾の4カ所が該当する」と述べた。ある読者の方が実際に韓国人の建設現場労働者がいるのかと疑問を持たれていたが、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

不動産税のテナントへの返還義務化、財務省(04/03)

外国人の単純労働者、当局が転職支援強化(04/03)

邦人女性が感染、計1049人(2日)(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

19年の出生数、5年ぶりに増加(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン