印・実業家が国王直訴も、デモ支援で国外退去

反政府デモ隊を支援したとして国外退去命令の対象となっているインド人実業家のサティット・セガル氏は4日、「インドで生まれたが、タイを思う気持ちはタイ人と同じだ」と訴え、退去命令の無効を求めてプミポン国王に直訴する意向を表明した。6日付各紙が伝えた。 「シーロム実業…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

19年のEV登録が4倍に急伸 累計千台超え、環境問題で訴求も(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

マプタプット港第3期拡張事業、2Qに着工(01/17)

住宅ランド、20年は低層のみ16件開発(01/17)

干ばつによる水不足、EECへの影響懸念(01/17)

国営企業、1Qに予算4千億円執行の見通し(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

エンジ協会、プロジェクト管理セミナー開催(01/17)

シーロムのタニヤプラザ、36億円で改装へ(01/17)

シンハ、環境意識高まりで瓶入り飲料水強化(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン