政局混乱で代替エネ事業遅れ、工業連が懸念

タイ工業連盟(FTI)代替エネルギー部会は、反政府デモの拡大による政局混乱で一部の代替エネルギー関連事業が遅延しているとの見解を明らかにした。27日付ポストトゥデーが報じた。 ピチャイ部会長によると、ごみ発電、バイオマス発電、風力発電など現時点で10件以上、数百億バ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小さなタイ料理店で前の…(01/27)

アマタのヤンゴン開発が始動 総額10億ドル、日系進出に期待(01/27)

新型肺炎の監視強化続く 発症者8人、武漢便運休も要警戒(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

19年の外国人旅行者、4%増の3980万人(01/27)

19年の6空港利用者、2%増の1.4億人(01/27)

SCG、首都のトラック走行制限でコスト増(01/27)

大気汚染対策で8千台以上摘発=首都警察(01/27)

シンガポール企業が電動スクーター生産計画(01/27)

エネ省、9月末までにE20を標準ガソリンに(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン