建設大手の海外受注が最近好調、事業も多様

韓国の建設業界の受注は今年低調だが、最近、海外受注が回復し始めている。進出先や工事内容も多様化した。アジア経済新聞が伝えた。 SK建設はこのほど、米ルイジアナ州に年産800万トン規模の天然ガス液化プラント工場を建設する事業を43億5,000万米ドル(約5,350億円)で受注し…

関連国・地域: 中国韓国インドネシアフィリピン米国欧州
関連業種: 化学建設・不動産天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

スマホ発のモバイル決済隆盛 サービス領域、オフラインに拡大(05/24)

サムスン、スマホ市場首位の維持に自信(05/24)

今年の経済成長率予想を引下げ、政府系機関(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

資産総額の増加率、CJが33%でトップ(05/24)

生産禁止のフロン類、中国から飛来の恐れ(05/24)

SKハイニックス、経営評価で総合首位獲得(05/24)

市内バス公衆WiFi化事業、KTが受注へ(05/24)

19言語に拡充、カカオの翻訳サービス(05/24)

現代自系部品会社、米にEV座席シート供給(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン