瑞儀、今年はスマホ向け出荷増で2割増収も

バックライトモジュール(BLM)大手、瑞儀光電(ラジアント)の王本然董事長はこのほど、今年の売上高が第2四半期から上向き始め、通年では前年比1~2割増えるとの見通しを示した。例年の不需要期である第1四半期を谷底に、下半期からはスマートフォン向けの出荷が本格的に始…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアとの関係強化…(01/24)

テイクオフ:赤道直下のシンガポール…(01/24)

ハイアット2ホテルが同時入居 世界初、台北信義に20年開業(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

タッチパネルの業成、アップル向けLCM増産(01/24)

車載用PCBの敬鵬、中国工場を拡張(01/24)

12月スマホ販売、iPhoneXは3割減も首位維持(01/24)

裕隆、中国でPHV動力システムの生産子会社(01/24)

大成鋼、6億ドルで米国にアルミ合金工場(01/24)

台微体、中国同業の出資受け入れ中国市場開拓(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン