• 印刷する

テイクオフ:食中毒がホーカー(屋台…

食中毒がホーカー(屋台)から広がったというニュースは、食べることが大好きな現地人に大きな衝撃を与えた。日常生活に密着しているだけあって、さすがに人ごとと感じられないのだろう。

ただ、普段の衛生状態を見ていると、「いつかは」という予兆はあった。新型肺炎(SARS)が猛威を振るった時期、それでも口を押さえないでバスやMRT(地下鉄・高架鉄道)の中でくしゃみやせきをする人がいた。手動の水洗トイレを流さないで立ち去る人は(少なくとも男子トイレでは)今でも目立つ。いま一度、公衆衛生意識を(自分を含め)考えないといけないのかも知れない。

かつて「東南アジアで唯一海鮮を食べてもあたる心配がない」とまで友人が絶賛していたが、それも昔の話になってしまうのだろうか。(角)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

工業不動産の賃料、1~3月期は0.2%低下(04/26)

配車グラブが宅配強化、ニンジャバンと提携で(04/26)

AI営業ツールの新興企業、530万米ドル調達(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン