スマホ出荷台数、1~3月は7%減

コンサルティング大手サイバーメディア・リサーチ(CMR)は6日、今年1~3月期の携帯端末の出荷台数が前期比15%減の5,300万台にとどまったと発表した。スマートフォンの出荷台数は同7%減の1,950万台で、全体に占める割合は37%だった。フィーチャーフォン(従来型携帯電話)は同18%減。PTI通信が7日に伝えた。

CMRの主席アナリスト(通信担当)、ファイサル・カウーサ氏は、「新機種の投入や新規ブランドの参入があった前四半期に比べ、1~3月期は業界に動きがなかった」と指摘。さらに、本年度(2015年4月~16年3月)予算案に輸入携帯端末の物品税率引き上げが盛り込まれたことや、中国からの供給が減少したことなどもあり、市場が伸び悩んだとの見方を示した。

スマホ市場のメーカー別シェアは、韓国のサムスン電子が前四半期の23.7%から27.9%にシェアを伸ばして首位を維持。地場マイクロマックス・インフォマティクスは、シェアを1.6ポイント落としたものの、16.2%で2位だった。次いで、同インテックス・テクノロジーズが9.2%などと続く。


関連国・地域: 中国韓国インド
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン