王子製紙、ラオス植林事業を倍増へ

王子製紙は1日、ラオスで2番目となる植林会社を設立すると発表した。これまで同国中部を中心に植林事業を行っていたが、今後は南部にも拡大し、チップ供給の安定化を狙う。ラオスの植林面積はこれまでの倍以上の5万5,000ヘクタールになり、自社が管理する植林チップ供給拠点として…

関連国・地域: ベトナムラオス日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

日系データセンター、JCMクレジット取得(01/24)

内務省、フェイスブックと意見交換(01/24)

BIDV保険、銀行窓販が好調で増収(01/24)

軍病院が新棟開設、中国が2億元支援(01/23)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の観光客8.2%増、目標500万人は未達(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン