• 印刷する

HKMA、欧州系銀行の融資に監視強化

香港金融管理局(HKMA)は欧州財政危機の深刻化を受け、銀行に対し取引顧客が欧州系銀行から融資を受けていないかどうかなどについて、分析を徹底するよう要求しているもようだ。5日付香港経済日報が伝えた。

HKMAは各銀行に対し、欧州系銀行が資金を引き揚げた場合、資金不足をカバーするだけの能力があるかどうかをシミュレーションすることを求めており、現時点では十分に対応可能と判断しているという。

HKMA報道官は「市場の状況が認可金融機関に重大な影響を与える場合には、定期的なストレステストを行う際にそれを考慮する。欧州情勢を受け一部金融機関は防衛措置を講じており、関連するストレステストも実施している」と説明した。

HKMAによると、欧州で財政基盤が弱いとされるポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン(通称PIIGS)に対する香港の金融機関のリスク・エクスポージャーは、銀行総資産の1%以下にとどまっているという。

<香港>


関連国・地域: 香港欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ホテル隔離3日間に短縮 12日から、4日間は行動制限(08/09)

新たに4040人感染、前日から234人減(08/09)

マカオからの珠海入境、検問所でPCR検査(08/09)

そごう運営の利福、株式非公開化へ(08/09)

消費券で売上高1割増、飲食業界が期待(08/09)

ペニンシュラ運営会社、中間決算は黒字(08/09)

反落、ハンセン指数は0.8%安=香港株式(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン