• 印刷する

【北朝鮮】中国が骨抜きにする北朝鮮制裁

第6回

国際秩序を守らない国への経済制裁は、過去、繰り返し行われてきた。「ABCD包囲網」という名前を、歴史の教科書で読んだ覚えがあるはずだ。1930年代後半から 1940年代にかけ、日本に対して実施された制裁の名前である。

この包囲網で日本は追い込まれ、戦争に突っ走ることになるが、国際的な経済制裁がどれだけ有効かは、いつも論議になってきた。たいていの場合、抜け穴ができ、効果が半減してしまうからだ。

いま制裁を科せられている国と言えば北朝鮮。核兵器・弾道ミサイルの開発と保有に対し、国連安全保障理事会が2006年に決議1718を採択し、北朝鮮への経済制裁に入っている。日本も特定船舶入港禁止法と外為法を利用した、独自の厳しい経済制裁を行っている。

その効果をチェックする役目を国連安全保障理事会の「専門家パネル」が担っている。今年5月、このパネルが最終報告書を発表した。報告書は、やはり北朝鮮が抜け穴を作っていたことを明るみに出した。私はその原文を入手したので、少しご紹介しよう。

報告書によれば北朝鮮は「物資の輸出入を隣国の中国を経由することで偽装している」という。

具体的には、北朝鮮、イラン間で「弾道ミサイル関連物資が高麗航空、イラン航空の定期便を使い運搬されてきた」と指摘した。また、国際社会の監視の目をくぐるため、検査や取り締まりが甘い「近隣の第三国」の空港を利用していたという。報道によれば、これは中国の北京空港を指すらしい。

 北朝鮮が所有する航空会社の「高麗航空」は現在23機の飛行機を保有し、北京やクアラルンプール、ウラジオストクと結んでいる。これとは別に不定期に中東や西南アジアにチャーター便を飛ばしており、武器の密輸入に関連があると疑われている。直接、北朝鮮の飛行機がこれらの国に直接飛べば怪しまれるので、中国を経由するのだろう。

船便でも「中国経由」が使われている。

専門家パネルの報告は、北朝鮮が制裁対象の武器類の密輸出を行う際、北朝鮮に近い中国東北部の大連港で、いったん積み荷を別の船に積み替える偽装工作を頻繁に行っていた、と明らかにしている。

日本は北朝鮮との輸出入を全面禁止しているが、密輸入事件が絶えない。例えば北朝鮮製の安価な服は、大連港で「中国産」のラベルが貼られ、日本に輸出されている。5月には、北朝鮮製女性ショートパンツを大連港経由で日本に密輸した名古屋と大阪の業者が兵庫県警に逮捕されている。

制裁の対象にはぜいたく品もある。

これは、庶民とかけ離れた浪費生活を送っている北朝鮮指導層を狙った制裁だ。安保理加盟の各国は、独自の基準を作って、北朝鮮へのぜいたく品制裁を行っている。例えば日本は牛肉、マグロ、宝石なと24品目。ロシアは腕時計など6品目という具合だ。

ところが、中国はこの禁輸ぜいたく品に関するリストを公表していない。事実上、ぜいたく品の輸入を野放しにしていると指摘する専門家もいる。

専門家パネルの最終報告書には、ぜいたく品密輸の事例が報告されている。ヨット2隻、ベンツ12台、ピアノ37台、150本のコニャック、高級ダンスシューズといったものもある。

これは摘発され、明るみに出たものだけなので、実は相当な数と種類のぜいたく品が、中国経由で北朝鮮に渡っているとみてよさそうだ。金正日ファミリーの豪華な生活は、制裁下でも何も影響を受けていないに違いない。

これでは、中国は、北朝鮮の兵器やぜいたく品の輸出入を事実上黙認している、と言われても仕方ないだろう。

この原稿を書いた5月末、ちょうど北朝鮮の金正日総書記が中国を訪問し、各地を視察した。この1年で3回目という異例の多さだ。経済成長著しい中国に対しては、人権や為替政策について批判が強いが、北朝鮮に対する甘い姿勢も、今後厳しく指摘されるべきだろう。

<筆者紹介>

東京新聞・五味洋治(ごみ ようじ)

1958年7月26日長野県茅野市生まれ。82年早大第一文学部卒、83年東京新聞(中日新聞東京本社)入社。川崎支局、社会部、政治部(官邸、野党担当)を経て97年、韓国延世大学語学留学。99~2002年ソウル支局、03~06年中国総局勤務。主に北朝鮮問題取材。08~09年、米ジョージタウン大に客員研究員として在籍。現在、東京新聞本社外報部勤務。

著書に「中国は北朝鮮を止められるか」(2010、晩聲社)など。月刊文藝春秋、SAPIO、週刊東洋経済などに朝鮮半島問題を寄稿。講演も行っている。


関連国・地域: 中国韓国マレーシア日本ロシア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテに不買運動の危機再燃 日韓の合弁多数、会長トップ外交(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

韓国が仲裁委開催拒否へ、「一方的に設定」(07/19)

対日貿易摩擦で一丸、文氏が与野党と協議(07/19)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(07/19)

韓国輸出規制「9割賛成」、日本の意見公募(07/19)

ピルバラミネラル、リチウム事業放出進まず(07/19)

DRAM価格が急上昇、日韓貿易摩擦で(07/19)

韓国3年ぶり利下げ、景気低迷や日本規制で(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン