• 印刷する

北海道・三笠市がメロン売り込み、海外初

北海道三笠市が地元のメロン「三笠メロン(I.Kメロン)」を香港で売り込んでいる。香港島・太古にあるイオンストアーズ香港の「イオンコーンヒル店(AEON康怡店)」では11日、発売記念式典や試食会などのイベントが行われた。三笠メロンのブランド化の一環で、海外で販売するのは初めて。

三笠メロンは夕張メロンなどと同系統種で、オレンジ色の果肉と強い甘みが特長。イオングループで農産物の生産を手掛けるイオンアグリ創造が、三笠市に設けた「北海道三笠農場」で生産した三笠メロン2,000玉を輸出した。

記念式典であいさつした三笠市の特命大使で前市長の小林和男氏は「安心・安全の食を香港の人々に届けたい」とアピール。三笠市は札幌から高速道路で30分程度の距離にあることから、メロンを通じて観光客の誘致も強化したい考えだ。

当日は三笠メロンの試食会も行われた。試食した50代の香港人女性は「初めて食べた。甘みが強くてとても美味しい」と顔をほころばせた。

イオンコーンヒル店では22日まで三笠メロンをはじめとする北海道の食品を販売する「北海道フードフェア」を開催。そのほかのイオン12店では三笠メロンの一種「ルピアメロン」を販売している。

<香港>


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(19:13)

モジュール工法の導入を推進 政府、人手不足の建設業界に効果(01/18)

民間住宅、18年の売却利益率が過去最高に(01/18)

マカオ住宅価格、今年5~10%下落=JLL(01/18)

バイパス開通、企業の“中環脱出”加速へ(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(01/18)

反落、本土不動産銘柄が急落=香港株式(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン