日本製即席麺から発がん物質:香港政府が検出、イオンPB商品

香港政府は27日夜、日本から輸入されたインスタント麺から規定値を超える可塑剤が検出されたと発表した。「頻繁に食べても人体に悪影響を与える量ではない」としながらも、消費者に食用を避けるよう呼びかけ。販売者はすでに店頭から該当商品を撤去し、販売分の回収を始めている。…

関連国・地域: 香港台湾タイ日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港ディズニーの赤字拡大 コロナで過去最大、地元客に照準(05/18)

隔離緩和のワクチン接種、証明は中英文で(05/18)

日本を「高リスク」国に、分類引き上げ(05/18)

台湾からの入境規制さらに強化、隔離延長(05/18)

新たに1人感染、域内ゼロ=計1万1825人(05/18)

続伸、ハイテク銘柄がけん引=香港株式(05/18)

香港との往来再開、感染拡大で3度目の延期(05/18)

HSBC、理財通で資産管理部門の増益期待(05/18)

京東物流、28日の香港上場に向け公募開始(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン