• 印刷する

ドバイ投資、インドが上位10カ国入り

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国への今年1~6月の海外直接投資(FDI)で、インドが上位10カ国に入った。ドバイの投資促進機関「ドバイFDI」の統計として、フィナンシャル・エクスプレス(電子版)が伝えた。

上位10カ国には他に米国、英国、サウジアラビアなどが名を連ねた。10カ国の投資件数は計83件、投資総額は42億米ドル(3,280億円)で、それぞれ全体の72%、93%に上る。

「ドバイFDI」のファハド・アル・ゲルガウィ最高経営責任者(CEO)は、欧米とアジアを結ぶドバイの地理的優位性を指摘。「地域の中核拠点としてのドバイの成長機会を認識する企業が世界的に増えている」と述べ、新規案件の伸びが目立つとした。

12年上半期の新規案件は対ドバイFDI全体の94%近くを占め、前年同期の88%から拡大。初めてドバイに投資する企業の割合は45%ほどに達している。

12年上半期の対ドバイFDIは全体で113社による計115件で、総額45億米ドルだった。


関連国・地域: インド中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新興LCCアカサ航空、運航を開始(08/08)

東洋エンジ、減圧蒸留装置を受注(14:06)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソフトバンクG赤字3兆円、国内最大(08/09)

テイクオフ:13日から15日は国旗…(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン