• 印刷する

初の人民元・香港ドル複数通貨株が取引開始へ

初めて香港ドルと人民元の2通貨に対応した複数通貨株が12日に香港取引所(HKEX)に上場する。嘉実国際資産管理(ハーベスト・グローバル・インベストメンツ)が発行する「嘉実MSCI中国A株指数ETF」で、先ごろ証券先物委員会(SFC)から認可を受けた。投資家はこれまで人民元建てのみだった人民元適格海外機関投資家(RQFII)制度に基づくA株ETFを、人民元と香港ドルの2通貨で購入できるようになる。

9日付信報によると、初期段階の募集規模は20億人民元(約249億1,800万円)の見通し。8日から機関投資家を対象とした募集を始めた。個人投資家による売買は12日からとなる。

HKEXは今年7月からRQFII制度に基づくA株ETFの売買を開始した。現在、市場では華夏基金管理(チャイナAMC)の「ハンセン指数ETF」と上海に上場する易方達基金管理(イーファンド・マネジメント)の「ハンセン中国企業指数ETF」など3本の取引が行われており、9月時点での1日当たり平均売買代金は6,600万HKドル(約6億6,700万円)。今回の複数通貨株上場を機に、これら3本も香港ドルでの取引が加えられるとみられる。 <香港>


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:NNA香港のオフィス近…(08/10)

隔離短縮で一定の経済効果 財界が歓迎、早期の全廃望む(08/10)

入境手続きスピード化、出発前に電子申告(08/10)

本土からの入境者も隔離短縮、自宅で3日(08/10)

新たに4045人感染、前日から5人増(08/10)

続落、ハンセン指数は0.2%安=香港株式(08/10)

香港取引所、A株指数連動の仕組商品初上場(08/10)

ロシア兵器、欧米の技術依存=英研究所(08/10)

電気代の値上げに備えよ、中電会長が警告(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン