• 印刷する

昨年の環境訴訟1千件、住民意識高揚で

行政裁判所が環境訴訟部門を昨年8月に開設してから1年が経過した。これまでに約1,000件以上が一般市民により起訴された。パイロート広報官は、予想を上回る起訴件数になったとして、環境問題に対する住民の権利意識の高まりを指摘した。15日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

審理が続けられているのは、北部ランパン県メーモ郡にあるタイ発電公団(EGAT)の石炭火力発電所の大気汚染損害賠償請求や、東部ラヨン県マプタプット工業団地の環境汚染賠償請求、バンカイ工業団地の建設中止請求など、公害関連が多い。そのほか、一般市民1,500人を原告とする、昨年の大洪水に伴う損害賠償請求も起きている。

環境問題に取り組む非政府組織(NGO)ストップ・グローバル・ウォーミング・アソシエーション(SGWA)は、環境に絡む訴訟は原告の数が多くなるため、訴訟手数料の確認に時間がかかり過ぎると指摘。手数料徴収の廃止を提言している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

APECの11月16~18日、首都圏は休日へ(15:17)

テイクオフ:バンコクで12年にわた…(08/09)

西鉄、ホテル運営を再始動 当面目標は年内に稼働率50~60%(08/09)

新規の感染者1842人、死者34人(8日)(08/09)

工業連自動車部会、中台緊張で影響を懸念(08/09)

三菱自、充電設備普及で地方電力公団と協力(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

MG、中型SUVのハイブリッド版を発表(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン