• 印刷する

エナジードリンク市場が急成長、若者中心に

若者を中心に「エナジードリンク」が人気を集めている。毎日経済新聞が伝えた。

先駆けとなったのは2010年3月に発売されたロッテ七星飲料の「HOT6」。月売上高は今年1月の10億~15億ウォン(約6,900万~1億3,500万円)から8月には35億~40億ウォンに伸びている。コンビニエンスストアのGS25によると、6~8月の販売量は「コカ・コーラ」を超え、飲料部門トップだ。

HOT6の発売に続き、東西食品が海外から「RedBull」を輸入すると、ヘッテ飲料「ENERGI」や東亜大塚「XCOCAS」など韓国メーカーが相次ぎ参入。日本からはゼリータイプの製品も上陸した。KGC人参公社の場合は、紅参(高麗人参を蒸して乾燥させたもの)エキスに天然カフェインを加えた新商品で、健康面の差別化を図った。ほかにも世界大手が韓国発売を控えている。

韓国の市場規模は700億ウォン程度と推定される。ある調査会社によると、購入者は20代が41%、10代が23%、30代が21%を占める。カフェインやタウリンが含まれており、疲れをとり、頭をすっきりさせるとして人気だ。価格も1,000ウォンの低価格から4,000ウォンまで、選択の幅が広い。これまで飲料のトレンドの中心から外れていた男性の購入比率が7割を上回ることも特徴に挙げられる。


関連国・地域: 韓国オーストラリア日本米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン