• 印刷する

日常的なチップの習慣、比人は域内2位

チップを日常的に渡していると答えたフィリピン人は4人中3人の割合に達し、アジア太平洋地区ではタイ人に次いで2番目に多いことがクレジットカード大手の米マスターカード・ワールドワイドが行った調査で明らかになった。ABS―CBNが伝えた。

この調査は、アジア太平洋地域の14カ国・地域で18歳~64歳の約7,000人を対象に実施した。それによると、レストランやバーなどで「サービスに対する感謝の気持ちとして日常的にチップを渡している」と回答した割合はタイ人が89%で最も多く、フィリピン人が75%でこれに続いた。以下、◇香港71%◇インド61%◇豪州55%◇マレーシア40%◇インドネシア40%――などが続いた。割合が最も低かったのは日本の3%、次いで韓国の13%、台湾の17%だった。

マスターカード・ワールドワイドのジョーゼット・タン副社長(広報担当)は、今回の調査結果について、「アジア太平洋地域の文化的多様性を示すものであり、域内で事業を展開する企業にとってはこの多様性の理解が大きな課題となっている」と説明している。


関連国・地域: 香港台湾韓国マレーシアインドネシアフィリピンオーストラリア日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン