• 印刷する

日常的なチップの習慣、比人は域内2位

チップを日常的に渡していると答えたフィリピン人は4人中3人の割合に達し、アジア太平洋地区ではタイ人に次いで2番目に多いことがクレジットカード大手の米マスターカード・ワールドワイドが行った調査で明らかになった。ABS―CBNが伝えた。

この調査は、アジア太平洋地域の14カ国・地域で18歳~64歳の約7,000人を対象に実施した。それによると、レストランやバーなどで「サービスに対する感謝の気持ちとして日常的にチップを渡している」と回答した割合はタイ人が89%で最も多く、フィリピン人が75%でこれに続いた。以下、◇香港71%◇インド61%◇豪州55%◇マレーシア40%◇インドネシア40%――などが続いた。割合が最も低かったのは日本の3%、次いで韓国の13%、台湾の17%だった。

マスターカード・ワールドワイドのジョーゼット・タン副社長(広報担当)は、今回の調査結果について、「アジア太平洋地域の文化的多様性を示すものであり、域内で事業を展開する企業にとってはこの多様性の理解が大きな課題となっている」と説明している。


関連国・地域: 香港台湾韓国マレーシアインドネシアフィリピンオーストラリア日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

政府、19年成長率6.0~6.5%に下方修正(12/13)

中銀が政策金利据え置き、2会合連続(12/13)

20年度予算案が両院委通過、年内成立へ(12/13)

東京製綱、駐在員事務所を設立(12/13)

全日空、日本人学校生徒に航空教室開催(12/13)

水道2社が契約見直し提案、政府が精査へ(12/13)

カリワダム建設、予備作業に着手(12/13)

ロッテ七星飲料、ペプシ現法にTOB(12/13)

ユニオン銀、AI導入でシンガ金融庁と提携(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン