• 印刷する

GMOクラウド、KL市内にデータセンター開設

サーバー運用を手掛けるGMOクラウド(東京都渋谷区)は21日、一般利用者を対象に提供するクラウドサービス「GMOクラウド・パブリック」のバックアップ対策として、クアラルンプール(KL)市内にデータセンターを開設したと発表した。顧客の海外展開の支援や災害発生時に問題が発生しないよう対応する。

同クラウドサービスでのデータセンター開設は、日本の東京、米国のカリフォルニア州北部のサンノゼに次ぐ3カ所目となる。顧客は必要に応じて複数のデータセンターを使ってサービスを受けることができるほか、各拠点のデータを一括管理することが可能。マレーシア拠点は電話・メールでの日本語サポートを無料で提供する。

日本企業はこのところ、新興国を中心に海外進出を積極化している。東南アジア地域では情報技術(IT)インフラの拠点としてマレーシアやシンガポール、フィリピンなどに注目が集まっており、KL市内にデータセンターを新設することで需要が取り込めると判断した。

GMOクラウドは1993年に設立し、現在は東証マザーズに上場している。従業員は413人。自社施設に設置したサーバーを遠隔操作できるホスティングサービスやデータの安全管理などを手掛けている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

ハーゲンダッツのバニラアイスに回収命令(08/12)

ハラル産業への日本の投資要請=貿易公社(08/12)

ペナンLRT事業、入札書類の提出期限延長(08/12)

GDP成長率、4~6月は8.9%(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

喫煙規制法案が市場に困惑 急激な厳格化、密輸拡大に懸念も(08/12)

新規感染4896人、4日ぶり4千人超え(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン