• 印刷する

ロジャナ、プラチンブリで工業団地開発

ロジャナ工業団地(ROJANA)は2日、東部プラチンブリ県で「ロジャナ・プラチンブリ工業団地」を開発すると発表した。投資額は40億バーツ(約100億円)超。自動車や電子をはじめ、さまざまな業種の企業を誘致する計画で、今年第3~4四半期(7~12月)に土地の予約受付を開始する。

プラチンブリ県シーマハポート郡で敷地面積4,000ライ(約640万平方メートル)の工業団地を開発する。これに向けて先に、現地のプロスペリティ工業団地の株式80%を8億3,350万バーツで取得する契約を交わした。同工業団地から取得する土地の面積は3,235ライ。

ジラポン社長は「タイの工業部門は今後も大きく伸びる可能性がある。東部ラヨン県プルアクデーンのロジャナ・ラヨン工業団地の第2期が投資家から好評を得ていることが、今回の取引の大きな動機付けになった」と説明。プラチンブリ県を選んだ理由については、「ラヨン県から事業を拡大したい投資家が関心を示している潜在性の高い地域だ」と語った。

同社が開発する中部アユタヤ県のロジャナ・アユタヤ工業団地は、昨年のタイ大洪水で被災していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「東京とバンコクは、ど…(08/15)

住宅市場、コンド中心に回復 在庫は減、中国の投資再開に期待(08/15)

新規の感染1773人、死者30人(12~14日)(08/15)

長城汽車、タイでの販売が通算1万台に到達(08/15)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/15)

宅配新興カーゴX、売上高110億円目標(08/15)

タイ・ラオスと結ぶ貨物鉄道、10月運行開始(08/15)

物流ワイスが上期7割増益、下期も好調予測(08/15)

宅配ケリー、上期の取扱量は35.7%増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン