• 印刷する

テイクオフ:今月半ばからイスラム教…

今月半ばからイスラム教のラマダン(断食月)が始まるのを前に、街中でも少しずつ準備が進んでいるようだ。スーパーなどでは、ラマダン用のデーツ(なつめやし)などを販売するコーナーができているほか、ホテルでも期間中の特別ビュッフェの広告などを多く見掛けるようになってきた。

マレー人の友人も「ラマダン期間中はどうせやせるから」と、カロリーを気にせず普段よりも大量に食事を取っている。昨年に続き、今年のラマダンも1年で最も暑い時期にやってくる。日が長いことや、日中の気温が高くなることから、この断食は相当体力を消耗するのだという。

こちらは当地に赴任してきてまだ1年目で、ラマダン期間中にイスラム圏に滞在するのは初めて。聞くと夜間はごちそうを提供する店が大量に出現するという。食事量が増え、一気に太ってしまいそうで心配だ。(玖)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP成長率、1Qは4.5% 農業の急回復と家計消費が下支え(05/17)

RM=26.3円、$=4.16RM(16日)(05/17)

DNeX、ジョホール港から荷役アーム受注(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

PCBの精成、マレーシア新工場を下期に稼働(05/17)

マレーシア航空、日本向けチャーター便拡大(05/17)

MASウイングス、欧州企業と整備契約(05/17)

ハブライン、子会社がペトロナスと輸送契約(05/17)

19年の搭乗者数は1億550万人、航空委員会(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン