• 印刷する

日産、大連市に新工場着工=年産規模15万台

日産自動車は25日、遼寧省大連市に50億元(約625億円)を投じて新工場を建設すると発表した。同日に着工し、2014年から生産を開始する。当初の年産能力は15万台で、将来は年30万台に生産能力を拡大する。日産の中国工場は4カ所目となる。

新工場は、市内の大連経済技術開発区に設ける。敷地面積は126万8,000平方メートル。日産と中国の大手自動車メーカー、東風汽車集団(湖北省)との合弁会社、東風汽車有限公司が建設する。生産車種は日産ブランドとなる予定だが、具体的には今後詰める。

日産の西川廣人・副社長は着工式で、「中国は現在、日産にとって最大の市場。今後も日産の成長にとって最も重要な原動力であり続ける。新工場は中国全土に高品質の商品を届けていきたいという意気込みを改めて示すもの」などと話した。

日産の中国での今年の生産能力は計120万台。5月には襄陽工場(湖北省)に20億元を投資して生産能力を約2倍の年間25万台に引き上げると発表している。15年には販売台数を200万台に拡大する目標を掲げている。

■EVを千台供給へ

日産はまた、大連市政府が進める電気自動車(EV)の普及プロジェクトにも参画し、14年までに中国自主ブランド「ヴェヌーシア」のEV1,000台を供給することでも合意した。充電スタンドなどのインフラ整備でも協力していく。

同社はこれまでに、EV普及事業を進める広州市や湖北省武漢市にもEV「リーフ」をいずれも数十台規模で提供している。ヴェヌーシアのEVコンセプトは、4月に開催された北京モーターショーで出展されていた。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

中華圏「安全都市」、香港は13位に転落(07/19)

華為と5G商業契約の通信会社、50社以上に(07/19)

TSMC、5G需要に期待感 業績に自信、3Qは2割増収へ(07/19)

テイクオフ:2本のビール瓶の王冠を…(07/19)

環境保護で15業界に格付け 減産などで差、政府が検討か(07/19)

華為などの通信製品、公的機関の購買禁止へ(07/19)

商標の審査時間を短縮、年内に5カ月以内へ(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

住宅建設と公共工事、保証制度の活用促進(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン