• 印刷する

MTR沙中線建設、立法会が予算承認

立法会は先週、新界の沙田とセントラルを結ぶ香港鉄路(MTR)沙中線の建設予算として714億HKドル(約7,344億円)の支出を承認した。着工予定は今年中盤。香港とマカオ、珠海を結ぶ港珠澳大橋の環境影響評価(環境アセスメント)をめぐる訴訟のあおりを受けて着工が8カ月近く遅れていたが、ようやく工事にめどが立った格好だ。

沙中線の全長は約17キロメートル。区間は新界の沙田~香港島のセントラルで、10カ所に駅を設置する(うち乗り換えが可能な駅は6駅)。全線開通後は、深センと接続する羅湖からアドミラルティーまでが直通の50分で結ばれる見通しだ。

運輸・住宅局の鄭汝樺(エバ・チェン)局長は「完成目標は当初の予定通り、大囲~ホンハム区間(11キロ)を2018年、ホンハム~アドミラルティー区間(6キロ)を20年に開通させたい」とコメント。工期の遅れで建設コストの増大を予想する声に対しては、「想定範囲内の予算で工事を進めることが可能」と強調している。<香港>


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(19:13)

モジュール工法の導入を推進 政府、人手不足の建設業界に効果(01/18)

民間住宅、18年の売却利益率が過去最高に(01/18)

マカオ住宅価格、今年5~10%下落=JLL(01/18)

バイパス開通、企業の“中環脱出”加速へ(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(01/18)

反落、本土不動産銘柄が急落=香港株式(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン