7月輸出、32%増で堅調 資源価格頭打ち、輸入は伸び加速

インドネシアの中央統計局は15日、7月の輸出額が前年同月比32%増の255億7,350万米ドル(約3兆4,000億円)だったと発表した。世界的にコモディティー価格が頭打ちになり、前月の41%増から伸びが鈍化した。一方で輸入は前年同月比40%増で前月(22%増)から伸びが加速し、国内経…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東ジャワ州マランにある…(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

英社と充電池などの供給検討 国営鉱業、東南アで生産網構築へ(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

車両型式認証施設、日本に早期契約を要請(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

9月の製造業PMI、1月以来の高水準(10/05)

欧米に続き各国利上げ、アジア太平洋地域(10/05)

UAE経済連携協定、11月中旬の批准目指す(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン