国内初の電力貯蔵システム、南部港湾に設置

シンガポール初の港湾向け電力貯蔵システム(ESS)が、南部のコンテナ港「パシル・パンジャン・ターミナル(PPT)」に設置された。2022年7~9月期に運用が始まる。 今回の電力貯蔵システムの設置は、エネルギー市場監督庁(EMA)と同港湾を運営するPSAコーポレーシ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自動車レース「F1シン…(09/29)

労働者海外派遣、再開で急増 先行の日本、今年は過去最多に(09/29)

初の県産品本格プロモ実施 富山県、ハイブリッドで販路拡大(09/29)

デジタル競争力ランク、世界4位(09/29)

【アジア本NOW】『世界珍食紀行』(09/29)

スタートアップ投資が沈静化、収益性重視に(09/29)

SATS、航空貨物取扱最大手のWFS買収へ(09/29)

スカイランド、NFT分析ツール企業に出資(09/29)

カナダのID認証サービス社、拠点設置(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン