• 印刷する

テイクオフ:夏休みを日本で過ごし、…

夏休みを日本で過ごし、熱帯の国に戻った駐在員の「日本のほうが暑いですね」というあいさつを、コロナ前から耳にするようになった。昨年来、日本で生活してそう感じることは多い。東京の街ではタイでおなじみだった手持ちの小型扇風機が普及し、アウトドアブランドの男性用日傘も見かける。

今年は日本の観測史上初めて6月に気温が40度を超えた地域があり、通勤電車では「熱中症にご注意を」とのアナウンスが流れた。一方、地元の市民プールは熱中症対策が取れないために営業中止となり、子どもは夏の楽しみが減ったと話す。

この炎天下で行われている参議院選挙。最大の関心は物価高対策と言われるが、気候変動問題を争点化させるため主要政党の議員を集めた討論会や若者グループによる街頭活動も行われている。一人では抱えきれないという不安を訴える、その声に耳を傾けていきたい。(京)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナスとLNG供給で協力 経産省、需要期前に供給確保急ぐ(09/30)

三井住友建設、マニラ地下鉄の駅舎受注(09/30)

批判は「承知」、国葬へのミャンマー招待(09/30)

「ミャンマーに注目を」、拘束の久保田氏(09/30)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(09/30)

「世界の台所」の商機探る 地場は代替素材や自動化に関心(09/30)

テイクオフ:ゴウッと風が鳴り、その…(09/30)

【日印国交70年】マネサール再生物語 ホンダ二輪、新時代へ(下)(09/30)

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン