ビンロウの実、輸出停止で値下がり

ミャンマーで、ヤシ科の樹木ビンロウの実で嗜好(しこう)品としてアジア各国で消費される乾燥ビンロウジの価格が下落している。需要地であるインド向けの輸出が止まり、需給バランスが緩んでいるためだ。6月29日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クーデター後に110万人が失業 1~6月、条件悪化で生活苦しく(08/17)

昭和HDが営業外費用、ミャンマー事業不振(08/17)

拘束の久保田さん審理開始、解放焦点(08/17)

燃油不足は売り惜しみが原因=国軍報道官(08/17)

ヤンゴン管区、工業団地への電力供給で協議(08/17)

金価格、1ティカル210万チャットに設定(08/17)

タイへの水産品輸出、4~7月は5304万ドル(08/17)

対バーツの実勢相場、過去最安値を記録(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン