揚水発電所の設備容量、年内に4500万kW

中国水力発電工程学会は24日、国内の揚水発電所の発電設備容量が2022年末に4,500万キロワット(kW)前後になるとの予測を発表した。21年末から2割以上増加する計算。吉林省や山東省などで計900万キロワット近くの発電所が相次ぎ供用を始める見通しだ。 今年は敦化(吉林省)や…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

JAL、9月11日から北京発成田行き再開(18:31)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

科学技術活用で脱炭素へ 中央が計画案、研究開発強化(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

「電力制限は長期化せず」、中信証券(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

中小のDX推進、「手本」企業を6千社に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン