アース、ゴキブリ100万匹飼育し研究

【共同】あの厄介者が最盛期を迎えた。梅雨や夏の高温多湿を好むゴキブリだ。駆除に長年向き合うアース製薬の製品開発を支えるのが兵庫県赤穂市の研究所で飼う100万匹以上のゴキブリ。習性解明と退治、その先にある安心な家庭環境の提供のため、飼育は生命線だ。 「飼う条件を変え…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

野村アセット、ESGシャリアファンド発売(17:49)

ANA、7月11日から北京発成田行き再開(14:14)

キリン、ミャンマー事業の売却決定(13:05)

〔アジア人事〕リコー(06/30)

財閥CP、飲食店のOJT開始 APCDと協力し障害者の研修(06/30)

SKD車の価格が高騰、日本製中古車も(06/30)

阪急阪神不が住宅分譲強化 首都郊外に1千戸超、実需層に(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン