中銀の売りオペ2年ぶり再開、物価高抑制へ

ベトナム国家銀行(中央銀行)は21日、2年ぶりに公開市場操作(OMO)で、市場への資金の供給量を減らす「売りオペ」を再開した。インフレ抑制を目的にしているとみられ、専門家からは政策金利の引き上げも近いとの声が出ている。22日付トイバオキンテー電子版が報じた。 再開…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染927人、前日から88人増(07/01)

ベトナム米を日本市場に 精白米輸入が本格化、競合はタイ(07/01)

中銀の売りオペ70兆ドンに、再開4日で(07/01)

預金金利引き上げで利ザヤ確保難しく、調査(07/01)

HCM環状3号線とカットライ港の接続提案(07/01)

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開(07/01)

ホーチミン空港、タクシー不足が深刻化(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン