• 印刷する

テイクオフ:スキューバダイビングの…

スキューバダイビングのライセンスを30年ほど前に沖縄で取得した。フィリピンでは南西部パラワン州北部のコロン湾、中部セブ、ミンドロ島プエルトガレラなどで潜っている。コロン湾は透明度が高く、セブは魚影が濃く、プエルトガレラは浅い場所でもサンゴが豊かだ。

こう書くとベテランダイバーのようだが、潜ったのは全部で30本ほど。平均年1本ペースのダイバーで、これだと永遠のビギナーのままなのだ。ほぼ毎回、久しぶりの潜水になるが故に恐怖感が消えない。

集中して1週間ぐらい潜り続けるような日々を送りたいとは思うのだが、なかなかその機会は訪れない。最近、5年ぶりにプエルトガレラで潜った時は、ログブック(ダイビングの記録帳)を見たインストラクターに「午後は海にお連れするので午前中はプールで練習を」とあっさり言われ、少し悔しかった。(郎)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダブルドラゴン、北海道でホテル開発(07/01)

マルコス氏、大統領に就任 36年ぶり一族復権、経済注力へ(07/01)

テイクオフ:「フェス」などと称され…(07/01)

マルコス氏に抗議デモ、言論統制を警戒(07/01)

新大統領に経済開発期待、国民の7割(07/01)

IPS、比の健診子会社設立が前進(07/01)

首都圏の高速バス整備中止、事業遅延で(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン